市によって基準が違う?

愛知県には愛知県の開発許可基準

があります。

しかし、一部の市町村はその市

独自の基準を持っています。

 

・政令指定都市

名古屋市

・中核市

豊田市、豊橋市、岡崎市

・特例市

一宮市、春日井市

 

これらの市の調整区域に、希望する建物が

建つのかはそれぞれの市に確認する

必要があります(もちろん我々不動産業者や

建設業者が確認することになります)。

既存宅地の敷地面積など少しずつ違って

いたりします。

 

その他の市町村は愛知県の基準で審査するの

ですが、以下の市町村は基準に合致するか

否かをその市が判断します。

 

・事務処理市

瀬戸市、半田市、豊川市、碧南市、津島市、

刈谷市、安城市、西尾市、犬山市、江南市、

小牧市、稲沢市、東海市、大府市、知立市、田原市

 

この際、基準の解釈に微妙な判断の違いが生じます。

過去の例ですと、駐車スペースが必要なケースにおいて

細い道路を挟んだ先に設けてもよいかいけないかなど、

細かなところで市によって違いが出てきます。

 

こういう問題は市に個別に相談するほかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です