売れる農地売れない農地

農地は売れないことも多いのですが、

売れやすい農地、売れにくい農地が

あるのも事実です。

まず市街化区域の農地は宅地に近い取り扱いなので

金額次第で問題なく売却できます。

 

市街化調整区域の場合、ロケーションや広さなどにより

売れやすかったり売れにくかったりします。

 

①一番売れやすいのは

交通量の多い道路に面した農地です。

近隣に店舗が多いほど売れやすい傾向があります。

価格も坪数万円以上で取引されることもあります。

飲食店や物流業者が宅地化を前提にすることが多いです。

 

②次は2反(2000㎡)以上の田んぼです。

農地としての売買が前提ですが、農地でも

田んぼと畑では農作物にかける手間が全く違うため、

田んぼの方が売却しやすい傾向があります。

また、それなりの大きさでないと効率的な農業が

できないため、売買対象となるためには2000㎡で

ある必要があります。

 

③周囲に民家や上水道がある60~120坪くらいの農地

であれば、運が良ければ分家住宅用地として売れることが

あります。しかし、分家住宅を買うことができる人が

減っているので簡単ではありません。

 

④それ以外の農地

①~③に該当しない農地は売ることが困難です。

運が良ければ隣地の方がもらってくれるかもしれませが

市町村も寄付しようとしても受け取ってもらえないため

空家問題同様、非常に難しい問題です。

 

市町村の農政課に相談に行き、耕作してくれる人が

いればお願いするのが最善だと思います。