岐阜市領下と笠松町で買取いたしました。

昭和34年築 岐阜市領下の古家と

昭和49年築 笠松町の古家を買い取りいたしました。

 

両方とも問題を抱えるお宅でしたが

躯体には問題ないと判断し、買取りいたしました。

 

岐阜市領下古家

 

昭和34年で遵法精神のない時代(笑)ですので

建蔽率オーバー容積率オーバーでギリギリまで

建っています。

建てようと思えば再建築できますが76㎡しかないので

岐阜市でこの大きさでは厳しいです。

 

ですので古家を再生して貸し出すことを検討しております。

昔店舗があったとのことで、土間が30㎡近くあります。

ですのでここの部分に少し力を入れて改装し、

ガレージを作ろうと思っています。

 

男の趣味ハウス、または職人さん家族住まい向けを想定しています。

(意外と想定とは違う方がお住まいになることが多いです)

 

残置物も多く、見た目もサビサビ、シャッター壊れていて

再建築ほぼ不可、建蔽容積オーバーなんていう物件でも

買い取らせていただき、再生いたします!

(建物状況によっては無料引き取りというケースもございますが

ご了承ください。)

 

笠松は建蔽容積は問題ありませんでしたが

共有地を一部含んでおり、接道義務を果たしているのか

不明な物件でした。

見た目は普通ですが手前の進入口持ち分が

10分の1しかありません。

形状としても私道にはなっておらず、

共有者との取り決めで1台分の駐車を

させてもらっている(口約束)というものです。

 

建物も一部抜けそうな床があったりと

問題が山積。

 

しかし再建築はさすがに難しいため、

これも再生して新たな家族にお住まい

いただこうと思っております。

 

弊社では早く手放したい、でも解体されるのは

忍びない。そんな空家を

買取りや、残置物と一緒に引き取りさせていただき、

基本的に再生して新たなご家族にお住まいいただいて

おります。

 

 

今回の岐阜市領下、笠松町のリフォームも

随時アップしていきます!