ハザードマップの重要性

不動産取引を仲介する際、最近では重要事項説明書に
ハザードマップを添付します。

洪水や津波などの災害が起こりやすいエリアか、
起こるならどの程度の水位が予想されるかや
土砂災害危険区域などの情報を
地図に表したものですが最近は災害が多いため、
購入や賃貸で探す段階から知っておいた方が
良いと思います。

弊社のHPのトップページにも国交省の
ハザードマップのリンクを貼っています。

重ねるハザードマップ

賃貸であればどこに逃げればいいのかは
最低知っておく必要がありますし、
購入するのであれば火災保険や地震保険は
高めに設定するなど対応が求められます。