稲沢の調整区域

稲沢市は調整区域部分が多い市です。

市役所ですら調整区域にあります。

 

なので稲沢市は発展しようと思うと

調整区域の農地を宅地化して事業者を

増やす必要があります。

 

愛知県の中でも稲沢市は

調整区域の農地転用はかなり柔軟に

対応してもらえます。

 

調整区域の農地を転用する場合、

貸すにしても売るにしても

借主が農地転用許可を得る必要があります。

 

なおかつ建物を建てる場合は都市計画法の

許可が得られる見込みがなければいけません。

 

建物が建たないのであれば資材置場という活用方法も

あります。資材置場で貸したい、売りたい人は

大勢いますが、案外目の前の道が狭かったり、

周囲が住宅密集地だったりするため、理想の

土地は見つけにくいものです。

 

たまたま今回ご依頼をいただいた

稲沢市調整区域の農地は幅員7m、間口9m

あるので大型車も問題なく出入りできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です